時計とサラリーマン

サイトマップ

残業代請求は退職後でも十分に可能

虫眼鏡

連日長時間の残業をしてきたというのに、その残業代が支払わない、いわゆるサービス残業というものが存在します。そのような会社に不満を抱いて退職をしたとしても、多くの場合が未払いのままで泣き寝入りをしてしまうというケースが多発しています。個人で会社や上司と交渉をしても聞き入れられなかったり、万が一まだ在職期間が残っている場合なら、パワハラをされたりと職場での人間関係が悪くなってしまうことも考えられます。そのような時は、残業代請求を得意とする法律事務所に相談をしましょう。在職中である場合はもちろん、退職後も2年以内であれば、未払いの残業代請求が可能です。担当の弁護士が全ての手続きや交渉を代行してくれますから、自分でやらなければいけないことは何もありませんし、タイムカードなどの証拠物件がない場合でも心配はいりません。多くの法律事務所が、相談は無料となっていますし、成功報酬としているところがほとんどです。つまり、万が一残業代請求が成功しなければ、費用は一切掛からないということです。一人で悩まず、まずはお気軽に専門の弁護士に相談することから始めてみましょう。事務所などに出向かなくてもWEBだけで全て完結できる所もたくさんありますから、遠方にお住まいの場合も安心です。

残業代請求をお考えならまずは専門家に相談を

これまで支払われなかった残業代を取り返すためには、会社に残業代請求を行う必要があります。これは、個人でも交渉や手続きを行うことは可能ですが、負担や労力が大きいものですし、トラブルが大きくなってしまう可能性も考えられるので、おすすめできません。これから残業代請求を行うことを考えておられるなら、まずは専門家である法律事務所に相談することを検討してみましょう。弁護士に依頼をするとなると、高額の依頼料が掛かるのではないかと不安に感じてしまうかもしれませんが、相談は何度でも無料ですし、実際に依頼をした場合でも、成功しなければ報酬はもらわない、というところもたくさんあります。相談や依頼に掛かる費用を心配しなくて良いのも、残業代請求の専門家や法律事務所のメリットと言えるでしょう。相談の申し込みは、事務所のホームページなどから気軽にできますし、手続きの全てがネット完結で済ませられるところもたくさんあります。残業代請求を検討しているけれど、自宅の近くに専門の法律事務所が無いという方は、ぜひそちらのサービスも合わせて検討してみてください。請求できる期限は2年以内となっていますので、すでに退職してしまっている方などは特に気をつけましょう。

残業代請求には期限があるのを忘れずに

会社や企業、組織などによってお給料の規定などは異なりますが、1日8時間以上、もしくは週の内40時間以上働いている方には、法律上では残業代が発生しています。もし、現在在職中であろうと既に退職している場合であろうと、その労働時間に該当される方は、残業代請求が可能です。在職や既に退職しているかどうかということは問題ではありませんが、残業代請求には、期間が定められています。その期限は2年間でこちらも現在在職中かそうでないかは関係のないものです。これから残業代請求を考えておられるなら、ぜひ専門の法律事務所に相談してみてください。こちらは、タイムカードなどの証拠となる書類などが無くても、全ての手続きや交渉を法律家や弁護士が代行してくれます。すでに退職されていて、これから残業代請求を行おうかどうか迷っておられるというのなら、期限の2年間を忘れないようにしてください。正当な手続きを踏めば取り返せた未払いの残業代も、期限を過ぎてしまうと取り返せなくなってしまいます。まずは一人で悩まず、お近くの専門の法律相談事務所に気軽に相談や問い合わせを行ってみることから始めてみましょう。ほとんどの事務所が、ホームページの専用フォームから簡単に申し込みや問い合わせができるようになっています。

実績豊富な専門家であれば残業代請求がスムーズにできます。【千代田中央法律事務所】はこの実績を多く積み重ねているため、安心して依頼できる事務所です。ぜひアクセスしてみてください。

News

残業代請求なら法律事務所に相談を

もらいそびれている残業代があるなら、法律事務所に相談をお勧めします。法律事務所なら、自分で手続きをする場合に比べてスピード感のあるアプローチができますし費用は掛かりますが、様々な支払方法に応じていますし支払われた残業代の中から支払いをするということも可能です。会社のしきたりのようなもので、実際に働いた証拠はあるのに支払われない残業代があるという人は少なくありません。自分で手続きをするのは働い…

残業代請求は法律事務所に相談をして解決しよう

定時を過ぎて仕事をしたのにも関わらず、残業代が支払われずに困っている、という人は法律の専門家がいる法律事務所に相談してみてはいかがでしょうか。提示を過ぎて働いた分の残業代は、支払われることが定められていますがいまだに支払わない会社があったり請求しないのが社風となっている会社も少なくないのが実情です。残業代請求は、自分でしようとすると必要な資料を集めたり何から始めればよいかがわからないこともあ…

円満に残業代請求を行う方法とは

お給料やその他の待遇や、勤務条件などは、その会社や企業の規定によって大きく異なります。法律上では、1日8時間以上、週で40時間以上の時間働いていれば、残業代が発生し、それを請求する権利がありますが、実際にはいわゆるサービス残業と呼ばれるケースも珍しくありません。毎日朝早くから夜遅くまで働いているというのに、決められた月給の額しかもらえない、という職場環境に疲れてしまっている方もいるのではない…

残業代請求をするときに用意するもの

仕事をたくさんしたのに、残業代を支払ってもらえないと言う未払い問題は近年大きな問題となっています。残業代に関しては、会社に対してきちんと請求する権利があり、この権利を無視すると会社側が問題になります。では未払いとなった残業代請求をするのにはどうすれば良いのでしょうか。いきなり法律事務所に相談をしてもなかなか解決をすることができません。そこでまずは残業代請求をするために、自分の残業がど…

TOP